Wampler dB+はブースターの中でも隠れた名器かもしれない




歪みMANIAの慎也(@ShinyaGuitar)です。

 

Wampler PedalsにdB+というブースターがあるんですけど、ぶっちゃげブースターって今やもうありふれてるじゃないですか。

例えば昔のテープエコーのプリ部だけ抜き取って作った的なやつとか、XoticのEPブースターなんか有名ですね。

 

その他にもたくさんありすぎて、正直「ゲインを少し足してくれればなんでも良いんじゃね?」って思うくらいです。

正直WamplerのdB+もそんなに期待していなかったのですが、想像以上に良かったので今回レビューします!

 

この記事は

  • ブースター探しに飽きた
  • どれもこれも同じに見える

そんなあなたに向けて書いています。

 

 

 

Wampler dB+ってどんなペダル?

Wampler dB+は一言でいうとバッファーがオンオフできるブースターです。ぱっと見は目立つような点はありませんし、どこにでもありふれているブースターです。

 

見た目がヴァンヘイレンのジャケットみたいですね(笑)

 

肝心のサウンドですが、結構派手なサウンドがするんですよね。

なんでだろう?って思ったら、BOOSTツマミを上げていくとハイも少し上がるんです。

 

若干トレブルブースターっぽい感じで、キラキラとした部分が追加されていきます。

クリーントーンにハリを与えようと思ったら、もしかしたらギラギラしすぎちゃうかもしれません。ハイが元気のないアンプなんかだったらめっちゃ良いですね。

 

これ色々触ってみたんですけど、クランチに突っ込むのが一番しっくりきていて、がっつりゲインを上げてくれるし、綺麗に歪むんですよ。

歪みのノリがいいというかなんというか。

 

試しにBognerのHelios100というプレキシコピーのアンプに突っ込んだら、めちゃくちゃいい音してました。

アンプ単体でゲインを稼ぐよりいい音してます。

 

コントロール

ツマミはBOOST1つしかないので非常に分かりやすいのですが、筐体の横に小さなボタンがあります。これでバッファーをオンオフできます。

 

dB+をバイパス時にバッファーを効かせるかどうかを選択することができます。

このバッファーがまたクセモノで、結構ギラギラしており、ここまで派手なバッファーも珍しいなって思います。

 

なんかバッファーって音を変えないのが良い!みたいな風潮があるじゃないですか。「ナチュラルで〜」「自然なかかり方で〜」「かけてるかどうか分かりませんよ〜」みたいな。

そんな風潮をまっすぐぶち壊してくれたdB+に俺は敬意を示したいです。

 

派手な音が好きな人にはオススメできますよ。マジで良いですこれ。

 

 

Wampler dB+総合評価

総合点数

ノイズの静かさ ★★★★☆
ニュアンス ★★★★★
操作性 ★★★★☆
価格の安さ ★★★☆☆
音作りの幅 ★★☆☆☆
音の速さ ★★★★★
総合点数 80点

 

なかなかの高評価です。個性がないペダルが多い中のこのブースター。

派手好きな人にとってはぴったりなペダルです。

 

良かった点

アンプのブーストが最高なところですね。

普通アンプの歪みにペダルをかましたらハイが若干スポイルされたり、レンジが狭くなったりするんですよね。

もしくはペダルっぽい歪みになっちゃったり。

 

ギターソロとかで狙ってかけるのには良いんですけど…

かけっぱなしで使うのにはアンプの良さがそぎ落とされて物足りないペダルが多いのですが、dB+は見事にかけっぱなしで使うことができます。

 

しかも派手になるという。

 

悪かった点

常時かけっぱなしで使うと仮定した場合、クリーントーンは結構扱いにくくなるかもしれません。

派手でギラギラしすぎちゃうかなと。

 

アンプのEQをがっつり変えないといけないかもしれませんね。

 

こんな人にオススメ

派手なブースターを探している人。

派手でギラギラした音が好きな人にもオススメですね。

 

あとはレスポールみたいなマホガニーにハムバッカーが載ったギターって、どうしてもハイが抜けきらないことが多いから補正代わりに使うと良いですね。

現に俺はレスポールで試奏したら音色はバッチリでした。

 

 

まとめ

あえてナチュラルなブースターじゃなくて派手なブースターが欲しい人には最適です。

全然上品じゃないし、クリーンにかけるとうるさいけど、俺はこういう派手なエフェクターは大好きです。

 

ギラギラしたサウンドで、アンプをブーストしてくれるペダルとして使うのには最高のブースターですよ。

ブースターは種類が多すぎて食傷気味ですが、これは隠れた名器かもしれません。

 

もっと評価されていいペダルですね。

それでは!

 

 

スポンサーリンク







ギターのサポートや、あなたのエフェクターのレビューを受け付けております。

ギターのサポートやレコーディングの依頼、エフェクターのレビュー依頼はこちらから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

田﨑 慎也

歪みMANIA管理人。ギターとバイクとブログの人。
2008年メジャーデビュー。2013年バンド解散。解散後はソロギタリスト、サポート、楽曲提供、デモンストレーターとして活動。モダンな改造マーシャルサウンドが大好き。
もともと好きだった機材の研究で鍛えられた耳を活かし、歪みMANIAを立ち上げる。 プロの現場で使えるペダルなのか?を基準に機材をレビューしていきます。