FULLDRIVE3のブースト部を抜き取ったFulltone 2B




歪みMANIA管理人の慎也(@ShinyaGuitar)です。

 

Fulltoneが誇る名機FULLDRIVE2の後継機であるFULLDRIVE3

ブースター部が非常に優秀で、ブースターを単体で発売を希望する声が本国で多く、ブースター部を抜き取って製品化された2Bを試奏してきたのでレビューします!

 

この記事は

  • 味付けがないブースターを探している
  • FULLDRIVE3が好き

そんなあなたに向けて書いています。

 

 

Fulltone 2Bってどんなペダル?

サウンド

一言で言うとシンプルなブースターです。

特に味付けもなく、純粋に原音をブーストしてくれます。

 

個人的にはFulltoneはFat Boost3が大好きなのですが、Fulltoneは本当に良い音を鳴らしてくれますね。

そして、2Bはトゥルーバイパスではなくバッファードバイパス仕様となっており、システムの頭に入れて、インピーダンスを下げる役割にも使えます。

 

コントロール

FULLDRIVE3といえば、特徴的なのがDYNAMICSというつまみです。

 

DYNAMICSはコンプ感を調整することができるツマミで、かなり効きが良く、アタックの強弱を簡単に調整することができます。

クリーントーンを軽くプッシュする時なんかにすごく役に立つのではないかと。アルペジオを弾くときのボリュームコントロールがしやすそう。

 

 

Fulltone 2B総合評価

総合点数

ノイズの静かさ ★★★★☆
ニュアンス ★★★★★
操作性 ★★★★☆
価格の安さ ★★★★☆
音作りの幅 ★★★☆☆
音の速さ ★★☆☆☆
総合点数 80点

 

個性はありませんが、どんな場面にも使えます。

ただFulltoneのペダルは全体的にちょっと音が遅いんですよね…FRIEDMANみたいな音が速いアンプを弾いてると違和感を感じます。

 

良かった点

マルチに使えるところです。

常時かけっぱなしみたいな使い方ができるので、どんなシステムに入れてもバランスを崩さないのが良いですね。

 

悪かった点

個性が欲しい人には向いてないですね。

そういう人はXoticのEP-Boosterを選んだ方が幸せになります。

 

あと重いんですよね…サイズの割に重たい。

Fulltoneは全体的に重い…もう少し軽いと良いんですけどね…

 

 

まとめ

全体的に悪くないブースターなのですが、特に個性があるわけでもないので、なかなか2Bを選ぶ理由がないんですよね。

置いている店も少ないですし、試奏できる機会も少ないです。

 

ただ悪くないブースターなので、もし見つけたら弾いてみてくださいね。

それでは!

 

 

スポンサーリンク







ギターのサポートや、あなたのエフェクターのレビューを受け付けております。

ギターのサポートやレコーディングの依頼、エフェクターのレビュー依頼はこちらから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

田﨑 慎也

歪みMANIA管理人。ギターとバイクとブログの人。
2008年メジャーデビュー。2013年バンド解散。解散後はソロギタリスト、サポート、楽曲提供、デモンストレーターとして活動。モダンな改造マーシャルサウンドが大好き。
もともと好きだった機材の研究で鍛えられた耳を活かし、歪みMANIAを立ち上げる。 プロの現場で使えるペダルなのか?を基準に機材をレビューしていきます。