FRIEDMANのアンプライクペダルDIRTY SHIRLEYはマーシャルのJTMトーン




歪みMANIAの慎也(@ShinyaGuitar)です。

 

大ヒットのディストーションペダルのFRIEDMANのBE-ODの兄弟機種として、2017年に新しくDIRTY SHIRLEYという歪みペダルが追加されました。どうやらBE-ODは話を聞くとめちゃくちゃ売れているみたいですね。

同時期に発売されたBUXOM BOOSTのレビューもよかったらあわせてご覧になってください。

 

メインアンプでFRIEDMAN BE-100を使うほどFRIEDMAN大好きな俺が、DIRTY SHIRLEYペダルをレビューします!

 

この記事は

  • FRIEDMANの新しいペダルが気になるよ
  • もっとクランチ寄りのペダルが欲しい

そんなあなたに向けて書いています。

 

 

 

FRIEDMAN DIRTY SHIRLEY

DIRTY SHIRLEYはFRIEDMANの新しいディストーションペダルです。

大ヒットペダルになったBE-ODは同ブランドのBE-100をモチーフにしたペダルで下が、DIRTY SHIRLEYは同じくFRIEDMANより発売されているDIRTY SHIRLEYというアンプをモチーフにしたペダルです。

 

DIRTY SHIRLEYはマーシャルのJTMというアンプをモチーフにしたもので、比較的ローゲインでちょっとザラザラとした感触がありながらも、粘り感が強いサウンドが特徴的です。

 

このDIRTY SHIRLEYペダルはアンプのいいところを上手に受け継いでおり、アンプほどの粘り感は無いながらも、オールドライクなサウンドです。

とはいえ、ゲインの幅はめちゃくちゃ広く、クランチからディストーションまで出すことができます。

 

この動画が歪みの幅の広さが分かりやすいです。

音の幅がめっちゃ広く、ジョージリンチごっこができますね。

ただここまでゲインを上げても芯まで歪みきることはありません。しっかりと太い芯が残って、その周りが歪み始めるという感じですね。

 

BE-ODとまた違ったサウンドの方向にシフトしています。

 

コントロール

一見するとちょっとツマミが多く見えますが、定番のコントロールなのでおそらく迷うことはないかと思います。プレゼンスが調節できるのがちょっと嬉しい。

各ツマミは効きが良く、音作りの幅の広さに一役買っています。

 

筐体の横にTIGHTスイッチが付いており、ローの締まり具合を調整できます。

 

ペダルの正面から見て手前がタイトな感じで、奥がルーズな感じがします。(正式名称は分かりません)

もともとローが暴れやすいので、レスポール使いならタイトスイッチは手前の方が個人的には好みなサウンドです。

 

9Vと18Vの違い

BE-ODと同様にDIRTY SHIRLEYも9Vから18Vまで使用することができます。

そして電池は使用不可です。

 

肝心の音の違いですが、18Vのアダプターを使うと少しだけ音量が上がって、ローが出て音圧感が増します。

だけどDIRTY SHIRLEYはローが暴れやすいので、18Vが最高!とは言いにくいかなと。使うギターだったり、アンプで調整するのがいいのかな。

 

おすすめセッティング

先ほども載せた画像ですが、このセッティングを参考にするとバッチリ抜けて、ロックなサウンドが出ます。

ハイを多少上げてやらないと、このペダルは本領発揮しません。

 

タイトスイッチはギターに合わせてお好みでといった感じですね。

 

 

FRIEDMAN DIRTY SHIRLEY総合評価

サウンド

ゲインの位置は悩んだのですが、一番美味しいポイントはゲイン低めのセッティングなのでここにしました。

若干エフェクター寄りにチューニングされているものの、JYMやDIRTY SHIRLEYらしさは残してあり、十分に良い音を出してくれます。

 

総合点数

ノイズの静かさ ★★★★☆
ニュアンス ★★★★★
操作性 ★★★☆☆
価格の安さ ★★★☆☆
音作りの幅 ★★★★☆
音の速さ ★★★★★
総合点数 80点

かなり高評価です。

兄弟機種なのでBE-ODと比べてしまいますが、全くの別物です。

 

BE-ODはハイゲインなら最強で、DIRTY SHIRLEYはクランチからローゲインが得意分野。暴れん坊の兄貴と、しっかり美味しいところを抑えてくる弟分って感じですね。

 

こんな人におすすめ

クランチからローゲインで美味しい音を探しているギタリストに超絶オススメです。

1音1音のニュアンスを大事にするギタリストや、ギターの生音の鳴りを大事にするギタリストですね。

 

 

まとめ

さすがフリードマンというくらい上手くまとまったエフェクターです。

鳴らせば鳴らすほどに、どんどん味が出てくるエフェクターです。

 

店頭で試奏される場合はぜひじっくりとDIRTY SHIRLEYのサウンドを感じてみてください。

それでは!

 

スポンサーリンク







ギターのサポートや、あなたのエフェクターのレビューを受け付けております。

ギターのサポートやレコーディングの依頼、エフェクターのレビュー依頼はこちらから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

田﨑 慎也

歪みMANIA管理人。ギターとバイクとブログの人。
2008年メジャーデビュー。2013年バンド解散。解散後はソロギタリスト、サポート、楽曲提供、デモンストレーターとして活動。モダンな改造マーシャルサウンドが大好き。
もともと好きだった機材の研究で鍛えられた耳を活かし、歪みMANIAを立ち上げる。 プロの現場で使えるペダルなのか?を基準に機材をレビューしていきます。